銀座に京の粋を一滴 聚楽壁に映る美の世界
HOME > 表現からのお知らせ 一覧 > 横山大観 特集 ~大観の鑑定・登録制度~について

横山大観 特集 ~大観の鑑定・登録制度~について


2018年は横山大観生誕150年を記念した展覧会が東京・京都で開催され
話題となりました。 また、現在、京都市下京区の京都高島屋では、
横山大観の邸宅(東京都)が国の史跡・名勝に指定されたことを記念し、
邸宅を舞台とした画家や文化人との交流を、大観の画業とともに振り返る
展覧会「画業と暮らしと交流 横山大観邸」(京都新聞主催)が開催され、
全長26メートルの大作「四時山水」や愛用の品など記念館にゆかりの品
約140点が展覧されています。

 

◆2019年3月6日~3月18日 京都高島屋 7階グランドホール 10時~19時半



表玄ではこの企画展にちなみ、横山大観記念館(台東区上野)で現在行われている
横山大観作品の『鑑定・登録制度』について特集致します。

 

 

 

■ 横山大観 作品 登録制度について ■

 

 

横山大観の作品は、生涯を通じて何千点も描いたと言われています。
当時から名を馳せていた大観は、また、日本で最も贋物や複製画が多い作家でもあり、
その真贋についての鑑定は、大観亡き後から現在も『横山大観記念館』(東京上野)
で行われています。

鑑定の結果、真筆と認められた作品は、登録番号が発行されます。(画像参照)

残念ながら偽物や複製品であったものについてもその資料は残されており、中には
偽物と判明しながら、何度も鑑定に持ち込まれる作品も少なくない様です。

 

 この登録制度については、横山大観が亡くなった昭和33年に発足し、現在までの
登録作品の数は5000点以上にのぼります。

 

 

 

 

🔶登録番号について
画像のサンプルでは、【こ第54】とありますが、この『こ』は登録された年度
をあらわしています。
登録制度の開始された昭和33年が『い』ではじまり、
・い - 昭和33年
・ろ - 昭和34年
・は - 昭和35年
・に - 昭和36年
・ほ - 昭和37年
・へ - 昭和38年
・と - 昭和39年
・ち - 昭和40年
・り - 昭和41年
・ぬ - 昭和42年
・る - 昭和43年
・を - 昭和44年
・わ - 昭和45年
・か - 昭和46年
・よ - 昭和47年
・た - 昭和48年
・れ - 昭和49年
・そ - 昭和50年
・つ - 昭和51年
・ね - 昭和52年
・な - 昭和53年
・ら - 昭和54年
・む - 昭和55年
・う - 昭和56年
・ゐ - 昭和57年
・の - 昭和58年
・お - 昭和59年
・く - 昭和60年
・や - 昭和61年
・ま - 昭和62年
・け - 昭和63年
・ふ - 平成 元年
・こ - 平成 2年
・え - 平成 3年
・て - 平成 4年
・あ - 平成 5年
・さ - 平成 6年
・き - 平成 7年
・ゆ - 平成 8年
・め - 平成 9年
・み - 平成10年
・し - 平成11年
・ゑ - 平成12年
・ひ - 平成13年
・も - 平成14年
・せ - 平成15年
・す - 平成16年 
・・・・・・・・・・・・と続いてきたところで ♪ い ろ は に ♪ が終わってしまい、翌年からは・・・
・A - 平成17年
・B - 平成18年
・C - 平成19年
・D - 平成20年
・E - 平成21年
・F - 平成22年
・G - 平成23年
・H - 平成24年
・I - 平成25年
・J - 平成26年
・K - 平成27年
・L - 平成28年
・M - 平成29年
・N - 平成30年
 
と英語表記となって現在も続いています。
今年は平成31年ですので、新たに鑑定・登録されれば、【 O  第 ○ ○ 号 】と表記されるわけです。
 
ただ、この登録番号があるからといって、安心はできません。
最近はこの登録番号を偽造したりして貼り付けする作品もあり、大観記念館では、
〈再鑑定〉として、
登録番号と該当する作品が正しいかを確認することも行っています。
 
登録シールが貼ってあっても、念のために再鑑定して確認することをお勧めしています。

現代でも日本を代表する日本画家 横山大観の作品を後世に継承する上でも、この信頼
ある登録制度の下で、きっちり鑑定・管理することをお勧めいたします。
《 表玄 金子 》
開館時間も不定期な場合があったり、鑑定には事前の予約が必要であったりするので、
表玄が作品をお預かりして横山氏に鑑定をお願いすることも承っております。
費用も数万円かかることなので、まず、表玄(皐月/金子)までご相談ください。
 
 
■ 大観記念館の詳しいお問合せ ■
〒110-0008 東京都台東区池之端1-4-24  公益財団法人横山大観記念館
< 開館時間 10:00-16:00 / 休館日 月・火・水 夏季・冬季 /電話:03-3821-1017 >
ホームページ:http://taikan.tokyo/

 

 #横山大観 #横山大観記念館 #絵画 #日本美術 #日本画 #画廊 #表玄 #銀座 #東京 #art #ginza #gallery #jyapanart #nihonga #japanesepainting #銀座6丁目 #西銀座ビル #京壁 #交詢社通 #絵画買取 #査定 #評価 #美術品相談 #美術品 #gellery #店内 #数寄屋造 #聚楽壁

ページトップ