銀座に京の粋を一滴 聚楽壁に映る美の世界
HOME > 取扱作家 一覧 > 板谷 波山(いたや はざん)

板谷 波山(いたや はざん)

画歴

明治5 下館町(現下館市)に生まれる
明治22 東京美術学校彫刻科に入学し、岡倉天心、高村光雲らに師事
27 同校卒業
29 石川県工業学校(現石川県立工業高等学校)彫刻科教諭として赴任
36 同校を退職し、東京の田端に住居と工房を新築
38 三方焚口の倒焔式丸窯が完成
39 初窯に成功
40 東京勧業博覧会に「磁製金紫文結晶釉花瓶」出品(三等賞を受賞)
昭和2 帝展へ参加
20 空襲で住宅と工房が焼失、下館町に疎開
25 田端の工房を再建した
26 下館町名誉市民
28 文化勲章を受章
29 茨城県名誉県民
38 91歳にて逝去
郷里の高齢者の長寿を祝う自作の鳩杖の贈呈を、昭和8年から26年まで続ける。
また、昭和13年から31年にかけて、日中戦争や太平洋戦争の戦没者の遺家族に
自作の香炉・観音像を贈り、さらに文化財の保護、下館郷土史編さんの提唱、
観能会などにも尽力した。

波山先生の作品は、現在でも大変人気のある作家の一人です。
他には真似出来ない強い確かな査定力でお答えします。
波山先生の陶芸作品の売却をお考えの場合は、まず表玄へお問い合わせください。

電話からのお問い合わせ info@hyougen.jp

表玄では現在、力をいれて近代絵画の買取りを強化しております。
これまで多くの買取実績をもとに、お客様に最良の売却方法を親身にアドバイスいたします。
美術品を売りたい方、作品の鑑定についてなどご相談があればお客様相談窓口まで
お気軽にお電話ください。
(料金不要のフリーダイヤルよりまず安心無料相談に応じます)
株式会社表玄 徳永・金子
フリーダイヤル フリーダイヤル:0120-77-6238
TEL:03-3572-6238 / FAX:03-3572-6289 / E-Mail:info@hyougen.jp

ページトップ