銀座に京の粋を一滴 聚楽壁に映る美の世界
HOME > 取扱作家 一覧 > 川端 龍子(かわばた りゅうし)

川端 龍子(かわばた りゅうし)

作-川端 龍子 作-川端 龍子

会場芸術を提唱 絵画は小さく上品に収まっているのではなく
展覧会場にて人々の為に大きくひろげて見せるものと
青龍社を創立するなど活躍。
東京大田区に 龍子記念館がある。

画歴

明治18 和歌山市に生まれる
37 白馬会洋画研究所に入る
39 太平洋画会研究所にうつる
40 第1回文展に油絵「隣の女」入選
大正 2 日本画団体「牙声会」会員となる
この年より日本画へ転向
森田恒友、平福百穂らと「珊瑚会」結成
第3回院展に入選。院友に推挙される
昭和 4 私塾「青龍社」を創立
10 帝国美術院会員となる(しかし翌年辞表を出す)
22 俳誌「ホトトギス」の同人に推挙
34 文化勲章を受章
38 龍子記念館開館
41 81歳で逝去

川端龍子先生の作品は、現在でも大変人気のある作家の一人です。
他には真似出来ない強い確かな査定力でお答えします。
龍子先生の絵画作品の売却をお考えの場合は、まず表玄へお問い合わせください。

電話からのお問い合わせ info@hyougen.jp

表玄では現在、力をいれて近代絵画の買取りを強化しております。
これまで多くの買取実績をもとに、お客様に最良の売却方法を親身にアドバイスいたします。
美術品を売りたい方、作品の鑑定についてなどご相談があればお客様相談窓口まで
お気軽にお電話ください。
(料金不要のフリーダイヤルよりまず安心無料相談に応じます)
株式会社表玄 徳永・金子
フリーダイヤル フリーダイヤル:0120-77-6238
TEL:03-3572-6238 / FAX:03-3572-6289 / E-Mail:info@hyougen.jp

ページトップ