銀座に京の粋を一滴 聚楽壁に映る美の世界
HOME > 取扱作家 一覧 > 北大路 魯山人(きたおおじ ろさんじん)

北大路 魯山人(きたおおじ ろさんじん)

上賀茂神社の社家に生まれ、書家・篆刻家として出発した北大路魯山人

陶芸をはじめ、書や絵画、漆芸、篆刻、金工などさまざまな分野で独創的
な「魯山人の美学」に基づいた作品を数多く生み出し、海外でも評価が高い。

2014年は、魯山人没後55年の年にあたり、各地で展覧会が開催されています。

「陶」「書」「刻」「茶」「花」「食」「季」を通じ、日本の美と食をとことんまで追及した
魯山人の美意識は、陶、漆、絵画、書と多彩なかたちで現代に受け継がれています。

画歴

明治16 京都・上賀茂に生まれる
37 東京に移り、同年、日本美術展覧会に千字文の書を出品(一等賞を受ける)
41 中国北部を旅行し、書道や篆刻を学ぶ
43 長浜の河路豊吉に食客として招かれる(書や篆刻の制作に打ち込む)
このころ竹内栖鳳と親交をもち款印を彫らせてもらう
大正4 陶芸をはじめる
8 古美術店「大雅堂」を営む
10 会員制の「美食倶楽部(くらぶ)」を発足
14 東京麹町の星岡(ほしがおか)茶寮の顧問兼料理長となる
昭和2 北鎌倉の山崎窯に築く(星岡窯と称した)
本格的な作陶活動を開始
21 銀座に自作の直売店「火土火土美房(かどかどびぼう)」を開店
30 織部焼の重要無形文化財保持者(人間国宝)に指定されるも辞退
34 12月21日逝去

魯山人先生の作品は、現在でも大変人気のある作家の一人です。
他には真似出来ない強い確かな査定力でお答えします。
魯山人先生の作品の売却をお考えの場合は、まず表玄へお問い合わせください。

電話からのお問い合わせ info@hyougen.jp

表玄では現在、力をいれて近代絵画の買取りを強化しております。
これまで多くの買取実績をもとに、お客様に最良の売却方法を親身にアドバイスいたします。
美術品を売りたい方、作品の鑑定についてなどご相談があればお客様相談窓口まで
お気軽にお電話ください。
(料金不要のフリーダイヤルよりまず安心無料相談に応じます)
株式会社表玄 徳永・金子
フリーダイヤル フリーダイヤル:0120-77-6238
TEL:03-3572-6238 / FAX:03-3572-6289 / E-Mail:info@hyougen.jp

ページトップ