銀座に京の粋を一滴 聚楽壁に映る美の世界
HOME > 取扱作家 一覧 > 小磯 良平(こいそ りょうへい)

小磯 良平(こいそ りょうへい)

作-小磯  良平

神戸市に生まれ、東京美術学校の西洋画科に進み、
猪熊弦一郎・岡田謙三・荻須高徳らの同級生と画架を並べる。
在学中に「兄妹」が帝展入選、「T嬢の像」が帝展特選を果たす。
首席で卒業後の1928年、フランスに留学し、ルーブル美術館の
パオロ・ヴェロネーゼ「カナの婚礼」に衝撃を受け、群像表現を
生涯のテーマとする。1938年から1年間藤田嗣治らとともに
従軍画家として中国に渡り、帰国後戦争画を製作した。
1941年に群像画の傑作「娘子関を征く」と「斉唱」を相次いで発表する。

良平自身は群像を書くため精力的に戦争画に取り組んだが、戦後は画集
に収録しなかった。 戦意高揚のために戦争画を書いてしまったことに
心が痛む、と晩年に語っている。表玄では小磯画伯の作品を探しております。

小磯良平先生の作品は、現在でも大変人気が有り、
コレクターの方々からの 問合せも非常に多いです。

表玄では創業以来、『帽子の女性』や『バレリーナ』など
油彩画はもちろん、パステル画や竹ペンデッサン画など
小磯先生の作品を数多く取り扱ってまいりました。

その実績を活かし、簡単な写真などでも作品を拝見できれば、
現在の相場にリンクさせた確実な評価額をご連絡いたします。
(個人情報等を必要以上に問合せすることはありません)

買取の場合には、最終的に現物をお見せいただき、作品の状態を
確認しなければなりませんが、御納得いただければすぐにその場で
買取をさせて頂きます。

小磯画伯の作品を今お持ちでしたら、ぜひ表玄までご一報ください。

画像:「西洋人形」378×280 鑑定証付き

画歴

明治36 神戸市に生まれる
大正14 小磯家の養子となる
15 第7回帝展で初入選
昭和 2 東京美術学校西洋画科を卒業
渡仏(~5年)
第13回帝展で「裁縫女」が特選
11 新制作派協会を結成
15 朝日文化賞を受賞
17 陸軍省派遣画家としてジャワ・バリ島・バタビヤへ渡る
第1回帝国芸術院賞
25 兵庫県文化賞
28 東京芸術大学教授
33 東京芸術大学に版画教室を設ける
39 東京芸術大学で「銅版画」を公開
48 勲3等賞旭日綬章
49 迎賓館の壁画完成
54 文化功労賞
57 日本芸術院会員
58 文化勲章受章
平成 元 86歳で逝去

小磯先生の作品は、現在でも大変人気のある作家の一人です。
他には真似出来ない強い確かな査定力でお答えします。
小磯先生の絵画作品の売却をお考えの場合は、まず表玄へお問い合わせください。

電話からのお問い合わせ info@hyougen.jp

表玄では現在、力をいれて近代絵画の買取りを強化しております。
これまで多くの買取実績をもとに、お客様に最良の売却方法を親身にアドバイスいたします。
美術品を売りたい方、作品の鑑定についてなどご相談があればお客様相談窓口まで
お気軽にお電話ください。
(料金不要のフリーダイヤルよりまず安心無料相談に応じます)
株式会社表玄 徳永・金子
フリーダイヤル フリーダイヤル:0120-77-6238
TEL:03-3572-6238 / FAX:03-3572-6289 / E-Mail:info@hyougen.jp

ページトップ