銀座に京の粋を一滴 聚楽壁に映る美の世界
HOME > 取扱作家 一覧 > 棟方 志功(むなかた しこう)

棟方 志功(むなかた しこう)

作-棟方 志功 作-棟方 志功

棟方志功は、最近ますます人気が上昇している画家の一人です。
”わだばゴッホになる”その想いから多くの板画作品を制作した。

中でも 天妃の顔を アップにした いわゆる『大首の柵』は、
人気が高く、3~4年以前よりも高額で現在は売買されています。

 表玄は 40年程前からチーク材を丸くした『志功額』を考案
志功といえばこの額!と言われ、日本で一番人気のある額です。
志功の作品の額裏に【表玄 京表具】とラベルがあればそれです。

現在の公式鑑定は、渋谷東急百貨店で月に一度開かれています。
鑑定は、真贋にかかわらず鑑定費用がかかることなので、鑑定に
出しても問題がないか、出す価値があるか、それまでもないのか、
鑑定会に出す前に見せていただければ、アドバイスをいたします。

また東急百貨店志功鑑定委員会への鑑定依頼の取次ぎも承ります。
毎月1回の鑑定会も、年々鑑定する作品が増えてきているという事
ですので、締め切りになる前に早めに申し込まなければなりません。
数ヶ月待ちの可能性もあります。(1度に鑑定する数が決まってます)

棟方志功作品をお持ちでしたら、まずご相談下さい。

また、表玄では「普賢/文殊菩薩の柵」や「天妙妃の柵」などの作品を
随時お客様にご紹介し店頭で下見会・販売会などを実施しております。
作品の資料や写真をお送りいたしますのでお電話でお申しつけ下さい。

画歴

明治36 青森県青森市に生まれる
大正10 ゴッホの「ひまわり」に感動して画家を志す
13 画家を志し上京する
昭和元 版画家川上澄生の作品を見て感動し版画を志すきっかけとなる
3 版画家平塚運一のもとで版画を学び始める。帝展で初入選
白日会に油絵、日本創作版画協会、春陽会に木版画を 出品する
5 国画会に版画を出品し、主要作品を発表し始める
7 日本版画協会会員となる
11 国画会に出品した「大和し美し」が出世作となり、これを機に
柳宗悦、濱田庄司、河井寛次郎ら民芸運動指導者に見出され知遇を受け、
以降の棟方芸術に多大な影響を及ぼすことになる
12 国画会同人となる
13 第2回新文展に「善知鳥(うとう)」を出品、特選受賞
14 「釈迦十大弟子」を制作
20 東京代々木の自宅が空襲で消失。戦前の作品や板木のほとんどを失う
このころ、一時、富山県福光町に疎開(~昭和26年11月)
27 第2回ルガノ国際版画展(スイス)で日本人初優勝賞を受賞
30 第3回サンパウロ・ビエンナーレ国際美術展で版画部門最高賞を受賞
31 第28回ヴェネツイア・ビエンナーレで日本人初の国際美術展で国際版画大賞を受賞
33 日展会員となる
35 アメリカ各地で個展開催
日展評議員となる
このころから 患っていた眼病が悪化し、左目がほとんど失明する
40 朝日賞を受賞
イタリア芸術院名誉会員となる
42 アメリカ各地で個展開催
45 毎日芸術大賞
文化勲章を受章
文化功労者として顕彰される
50 日展常任理事となる
肝臓癌のため72歳にて逝去

棟方先生の作品は、板画・肉筆画が現在でも大変人気があります。
「棟方の額は表玄で」と呼ばれるほど多く扱ってきた実績もふまえ
他には真似出来ない強い確かな査定力でお客様にお答えしています。
棟方志功先生の絵画作品の売却をお考えの場合は、まず表玄へお問い合わせください。

電話からのお問い合わせ info@hyougen.jp

表玄では現在、力をいれて近代絵画の買取りを強化しております。
これまで多くの買取実績をもとに、お客様に最良の売却方法を親身にアドバイスいたします。
美術品を売りたい方、作品の鑑定についてなどご相談があればお客様相談窓口まで
お気軽にお電話ください。
(料金不要のフリーダイヤルよりまず安心無料相談に応じます)
株式会社表玄 徳永・金子
フリーダイヤル フリーダイヤル:0120-77-6238
TEL:03-3572-6238 / FAX:03-3572-6289 / E-Mail:info@hyougen.jp

ページトップ