銀座に京の粋を一滴 聚楽壁に映る美の世界
HOME > 取扱作家 一覧 > 岡部 嶺男(おかべ みねお)

岡部 嶺男(おかべ みねお)

画歴

1919年 愛知県瀬戸市の加納家に生まれる
1927年 加納から加藤と改姓
1937年 瀬戸窯業学校卒業
1940年 東京物理学校中退、入営
1947年 復員。作陶を再開する
1954年 日展北斗賞受賞
1957年 日本工芸会会員
1962年 青瓷の研究が本格化する
1969年 新宮殿梅の間に「粉青瓷砧」一対を収める
1971年 東京・日本橋高島屋にて回顧展
1978年 脳出血のため自宅で倒れ、入院
右半身不随となるも一命をとりとめる
加藤から岡部と改姓
1981年 東京・日本橋高島屋、名古屋・松坂屋にて「岡部嶺男展」を開催
1989年 名古屋・松坂屋にて再起新作展を開催
1990年 70歳にて逝去

岡部先生の作品は、現在でも大変人気のある作家の一人です。
他には真似出来ない強い確かな査定力でお答えします。
嶺男先生の陶芸作品の売却をお考えの場合は、まず表玄へお問い合わせください。

電話からのお問い合わせ info@hyougen.jp

表玄では現在、力をいれて近代絵画の買取りを強化しております。
これまで多くの買取実績をもとに、お客様に最良の売却方法を親身にアドバイスいたします。
美術品を売りたい方、作品の鑑定についてなどご相談があればお客様相談窓口まで
お気軽にお電話ください。
(料金不要のフリーダイヤルよりまず安心無料相談に応じます)
株式会社表玄 徳永・金子
フリーダイヤル フリーダイヤル:0120-77-6238
TEL:03-3572-6238 / FAX:03-3572-6289 / E-Mail:info@hyougen.jp

ページトップ