銀座に京の粋を一滴 聚楽壁に映る美の世界
HOME > 取扱作家 一覧 > 奥村 土牛(おくむら とぎゅう)

奥村 土牛(おくむら とぎゅう)

作-奥村 土牛 作-奥村 土牛

100才を越えても、富士を描き続けた。晩年の富士は見れば見るほど
味わいが深く 作品が欲しいとの 問い合わせが良くあります。
また、牡丹や花瓶に花も人気が有ります。
絹より紙に描かれている作品が晩年の場合が多いので、まずは そこを見て下さい。

画歴

明治22 東京都に生まれる
38 梶田半古に入門し、小林古径に師事
39 「菅公の幼時」を前期院展に出品し初入選
大正 6 「寒山詩」より稚号「土牛」を父が選ぶ
昭和 2 「胡瓜畑」を第14回院展に出品し初入選
10 帝国美術学校日本画科教授となる
22 帝国芸術院会員となる(12月日本芸術院と名称を変更)
33 日本美術院監事・評議員となる
37 文化勲章受章
平成 2 101歳で逝去

土牛先生の作品は、現在でも大変人気のある作家の一人です。
他には真似出来ない強い確かな査定力でお答えします。
土牛先生の絵画作品の売却をお考えの場合は、まず表玄へお問い合わせください。

電話からのお問い合わせ info@hyougen.jp

表玄では現在、力をいれて近代絵画の買取りを強化しております。
これまで多くの買取実績をもとに、お客様に最良の売却方法を親身にアドバイスいたします。
美術品を売りたい方、作品の鑑定についてなどご相談があればお客様相談窓口まで
お気軽にお電話ください。
(料金不要のフリーダイヤルよりまず安心無料相談に応じます)
株式会社表玄 徳永・金子
フリーダイヤル フリーダイヤル:0120-77-6238
TEL:03-3572-6238 / FAX:03-3572-6289 / E-Mail:info@hyougen.jp

ページトップ