銀座に京の粋を一滴 聚楽壁に映る美の世界
HOME > 取扱作家 一覧 > 小野 竹喬(おの ちっきょう)

小野 竹喬(おの ちっきょう)

作-小野 竹喬 作-小野 竹喬

小野竹喬は、実兄の小野竹桃(京都にて栖鳳に日本画を学ぶ)
の勧めで、1903年(明治36年)に京都の竹内栖鳳に入門した。

西洋近代絵画の写実表現をとりいれた栖鳳の制作に学びながら、
自らも西洋絵画のエッセンスをふんだんに取り入れていった。
技法だけはなく、自然の真実をつかむかという問題を求め、
東洋の南画や、同時代の画家たちの作品にも学びながら、
写実的な古典領域から、次第に画風を変化させていった。
1918年、竹喬は土田麦僊らと国画創作協会を立ち上げる。
解散後、約1年の欧州旅行をはさみ竹喬は東洋絵画における
“線の表現”を再認識することになり、線描と淡彩による
南画風の表現へと変化していくにいたった。1939年頃から
竹喬の画風は日本画の素材を素直に活かそうとする変化が現れ、
大和絵の表現を手本とし、線も色も古い大和絵に学ぼうとした。
この転換はその後の竹喬作品の方向性を決定づける。
それ以降、竹喬はおおらかで単純な形と温雅な色彩を特徴とする
表現を深め、「風景の中にある香りのようなもの」をとらえようと
無心の境地で自然と向き合うことで、独自の世界を確立していった。

江戸時代の俳人、松尾芭蕉の『おくのほそ道』をもとに、その句意を
絵にしようとした10点からなる《奥の細道句抄絵》は竹喬晩年の代表作。

「風景の中にある香りのようなもの」(画家のことば)を画面に
とらえようと、さりげない自然の表情に眼を向け続けた。

表玄では、創業以来、竹喬先生の作品を多く取り扱ってまいりました。
茜雲や青空に白い雲のモチーフなど、晩年の代表的な作品は業界内でも
屈指の扱いを誇ります。所蔵作品の販売はもちろんですが、名品の買取
についても、美術館・コレクターの方への直接販売をはじめ、交換会への
出品など、様々な方法をご提案し、より高く評価できる方法を一緒に考え
アドバイスいたしております。 

画歴

明治22 岡山県笠岡市生まれ
36 竹内栖鳳の画塾に入る
44 京都市立絵画専門学校別科を卒業
大正7 国画創作協会結成
(土田麦僊、野長瀬晩花、村上華岳、榊原紫峰らとともに)
昭和3 国画創作協会展解散
22 日本芸術院会員となる
京都市立美術専門学校の教授となる
33 社団法人日展の常務理事となる
43 文化功労者の表彰を受ける
44 京都市美術館で「小野竹喬回顧展」開催
51 「奥の細道句抄絵展」開催
文化勲章受章
54 90歳にて逝去

小野竹喬先生の作品は、現在でも大変人気のある作家の一人です。
柔らかな色彩に茜雲や青空に伸びる樹々の図柄などは特に探しています。
他には真似出来ない 表玄独自の強い確かな査定力でお答えします。
竹喬先生の絵画売却をお考えの場合は、まず表玄へお問い合わせください。

電話からのお問い合わせ info@hyougen.jp

表玄では現在、力をいれて近代絵画の買取りを強化しております。
これまで多くの買取実績をもとに、お客様に最良の売却方法を親身にアドバイスいたします。
美術品を売りたい方、作品の鑑定についてなどご相談があればお客様相談窓口まで
お気軽にお電話ください。
(料金不要のフリーダイヤルよりまず安心無料相談に応じます)
株式会社表玄 徳永・金子
フリーダイヤル フリーダイヤル:0120-77-6238
TEL:03-3572-6238 / FAX:03-3572-6289 / E-Mail:info@hyougen.jp

ページトップ