銀座に京の粋を一滴 聚楽壁に映る美の世界
HOME > 取扱作家 一覧 > 榊原 紫峰(さかきばら しほう)

榊原 紫峰(さかきばら しほう)

作-榊原 紫峰 作-榊原 紫峰

近代の京都画壇で花鳥画家として活躍。
横山大観海山十題や日本庭園で名高い 島根県 足立美術館に
故足立全康氏による多くの紫峰作品が収集されています。

大正7年に結成された革新日本画の国画創作協会を立ち上げたひとり。

昭和10年代の京都派を踏襲した細密な花鳥画を始め、晩年の墨一色で
すべての色を表現した墨彩花鳥画のどちらも近年評価が高まっています。

目白や雀など鳥の種類や紫陽花・梅、柿などの果物のモチーフ、画面構図
のバランス、描かれた年代でそれぞれに微妙に評価価格が異なってきます。
京都時代より数多くの作品数、取扱い実績を誇る表玄へお問い合わせ下さい。

国画創作協会で革新的な京都日本画を切り開き、晩年は墨の研究に没頭し、
墨を器用に使いこなした作家は、歴代多くの日本画家の中でも紫峰を超える
作家はまだあらわれていないのではないかと思います。大観の最高峰名画の
収集で名を馳せた 足立全康 も絶賛した紫峰は、今後の再評価に期待されます。

特に 絹に柿の図でメジロが沢山木々に 留まっている作品は
人気が高いです。この図は昭和10年代後半に描かれているので
80年近く経っている厚塗りの絵具の状態には注意が必要です。
また、本紙の紙が薄いので打ち替えなどの時に破れやすいです。

晩年の紫峰は、色のすべてを”墨の黒”一色で表現し、梅の花びらは
『墨梅』として華麗に表現し、松の枝も老松の力強さを黒で表した。

画歴

明治20 京都市中京区に生まれる 本名:安造
40 京都市立美術工芸学校日本画科卒業
同研究科に進む この年、父親から「紫峰」の画号をもらう
44 京都市立絵画専門学校(現:京都市立芸術大学)卒業
同研究科に進む
大正2 京都市立絵画専門学校研究科を修了
4 横山大観の推薦により院展に出品、入選する
7 入江波光・小野竹喬・土田麦僊・野長瀬晩花・村上華岳と共に
国画創作協会(現・国画会)を結成、発足式を京都ホテルにて行う
昭和12 京都市立絵画専門学校教授に就任
15 南禅寺天授庵に「鷹」を描く
37 日本芸術院賞恩賜賞を受賞
38 京都市立美術大学教授を定年退職(同校の名誉教授となる)
40 勲四等旭日小綬章を受ける
44 画業60年記念 榊原紫峰展が開催(阪神百貨店)
46 84歳にて京都で逝去
47 京都市美術館で遺作展開催
48 高島屋で遺作展開催
56 足立美術館にて没後十年特別展開催
58 京都国立近代美術館にて十三回忌記念展開催
✿足立美術館(島根県)は日本最大の榊原紫峰コレクションで名高い

紫峰先生の花鳥図は、現在でも大変人気のある作家の一人です。
特に、柿の実と枝に目白を何匹も描いた柿群禽図は値段も高額です。
他には真似出来ない強い確かな査定力でお答えします。
榊原紫峰の作品売却をお考えの場合は、まず表玄へお問い合わせください。

電話からのお問い合わせ info@hyougen.jp

表玄では現在、力をいれて近代絵画の買取りを強化しております。
これまで多くの買取実績をもとに、お客様に最良の売却方法を親身にアドバイスいたします。
美術品を売りたい方、作品の鑑定についてなどご相談があればお客様相談窓口まで
お気軽にお電話ください。
(料金不要のフリーダイヤルよりまず安心無料相談に応じます)
株式会社表玄 徳永・金子
フリーダイヤル フリーダイヤル:0120-77-6238
TEL:03-3572-6238 / FAX:03-3572-6289 / E-Mail:info@hyougen.jp

ページトップ