銀座に京の粋を一滴 聚楽壁に映る美の世界
HOME > 絵画買取・査定

美術買取あんない

表玄が選ばれる理由

1. 多様な売却方法をご提案

表玄が買取りする以外にも、業者交換会、オークションへの出品など様々な売却方法を
ご提案します。
例えば、前田青邨の『紅白梅』といっても、枝や幹の描き方、小鳥の数、人物の有無等の
図柄によって交換会の方が高い場合とオークションに出品した方が高く落札される場合
などがあります。
いわゆる“即金買取”ではなく、過去の実績・データーを基として、大切な美術品をより
高く売る方法を親身になってご相談いたします。

2. 創業70年以上の安心と信頼

昭和9年の創業以来、取り扱ってきた作品の写真資料集は100冊を超え、数千点に及びます。
東京美術倶楽部の組合員でもあり、京都美術商協同組合員、全国美術商連合会会員に所属しています。
また主宰する交換会「親和会」以外にも、京都美術商相互会、全国美術商相互会など、
東京/京都を中心に開催される交換会市場の会員です。
審査の厳しい主要百貨店にも窓口を設け、日々安定した実績を重ねております。

3. 専門性の高い接客応対

表装経験者や学芸員の資格をもつプロが、美術品をすばやく丁寧に扱います。
作品(本紙)を裏打ちするところから表装は始まりますが、のりや水の加減は長年の経験、
伝統から学んだ事です。
美術品をさわる場合にも、さわって良い所、駄目な部分があります。
そういった専門眼を基にコレクターの皆様に応対させていただいております。

4. 表具や額装・画材にも詳しい

軸装・額装を行う表具店としてスタートしたこともあり、「絵」をとりまく画材や素材にも
精通しております。
作家ごとに用いた表装、画材のそれぞれのクセも熟知していますので、評価の際により
専門的な見方をします。
例えば、村上華岳の作品も、描いた紙に“風合い”を出す為にわざとシワ・破れを持たせた
作品があります。
他店で指摘された欠点は、実はその風合いが良点であったりもします。
正しい専門知識でお答えします。

5. 同業専門店、美術館関係の利用度が高い

特に京都画壇と呼ばれる京都出身の作家たちの作品を得意として参りましたので、
現在でも出物があれば全国の業者よりまず相談の問い合わせが入ります。
また近代絵画(日本画・洋画)を多数所蔵しておりお客様からご注文のあった場合、
画廊や百貨店美術部より作品提供の申し込みがはいります。
特に表玄の品筋は業界内でも一目置かれています。

その他、様々な売却方法についての提案

■国内外美術オークションヘ出品

表玄は、国内上場の美術品オークション会社のシンワアートオークション(コード:2437)
を創業したメンバーの1社で、現在でもアドバイザリーとして携わっております。
オークションを立ち上げ、継続開催してきた豊富な経験と実績を積んでおります。

現金化まで多少お時間をいただくことになりますが、全国各地の美術品コレクターへ
カタログが送付され、公明正大な価格をもって売買することが可能です。
作家でも、ちょっとめずらしい図柄や大作の代表作といわれるもの、さらには百貨店の
美術画廊などでも見ることがない名品は、オークションに向いている場合があります。
落札された金額より ①売買手数料②カタログ掲載料③所定鑑定機関での鑑定料等の諸費用を
差し引いた金額をオークション開催より約二週間後(※原則)にお支払いします。
詳しくは資料を準備しておりますのでご覧下さい。

■美術業者による交換会市場へ出品

表玄は、オークションの他、国内最大の業者間交換会「親和会」の会主(主催者)の1社であり、
毎月24日に東京にて交換会を開催しております。
全国各地の同業者より集めた現在の市場動向や人気の上下、
相場情報を基としたアドバイスができます。
ご希望金額にとどかなかった場合にはオークション同様にご返却させていただきます。
お預りした作品を交換会で売却する最大のメリットは、すぐに現金化が可能と言う事。
市場の動向に基づいた堅い値段で、最短で交換会実施の翌日(銀行営業日)に支払可能。
※売却後、向こう1年間は作品保証が必要な場合があります。(鑑定の結果贋物の場合は要返金)
プロ集団のセリ市場のことなので、詳しくは表玄までお尋ね下さい。

■ご希望条件での売却先を探す

表玄は、上述の業者間だけでなく、全国有名百貨店の美術部門や大手企業の美術部門、
コレクターに精通しております。
ご希望の金額・支払条件・売却先(美術館で飾って欲しい)などに見合った売却先を
ご紹介いたします。
多少お時間がかかっても、大切にコレクションされたお客様の作品をまた大切にしていただける
次のコレクターへ繋げるお手伝いを致します。
★ご希望条件を踏まえて、ゆっくりご相談しながら、すすめます。

買取査定 お申し込みの流れ

下記のいづれかの方法で、「売却相談」の概要をお知らせ下さい。
フリーダイヤル : 0120-77-6238
e-mail : info@hyougen.jp
郵送先 : 〒104-0061 東京都中央区銀座6-3-11 表玄 評価査定 係
お申し込み後、作品資料をもとに、弊社査定会にておおまかな評価額をすぐに回答。

【現物査定】
日時を決めて保管場所へお伺いします。
来店の上ご持参いただくことも可能。
(お車でお越しの場合は提携駐車場を準備しておりますのでご利用ください。)

【写真査定】
おおまかな評価はできますが、最終査定の際は現物を拝見してからとなります。
※現物確認の際は弊社宛てに美術品指定で発送いただいても構いません。
お客様のご希望額と弊社の査定額を別途お打ち合わせします。
合わせて、作品の状態(シミ・剥落・変色・ヤブレなど)を再度確認し、最終査定します。

※希望額と査定額に大きな差がある場合はこの段階でお断り下さい。
表玄からの最終査定金額にご了承いただければ、作品と引き換えにすぐにお支払します。
お支払方法:ご指定金融機関へ振込み(金融機関の営業時間に準じます)
現金でのお支払いは店頭・お客様のご自宅(指定場所)で即日可能

悔いのない買取のコツとは?

“銀座に出店こそ一流”そんな風に言われた時代もありました。
古くから老舗画廊が集まり、美術の中心地として今なお数百軒を超える店がしのぎを削っています。
他店には負けない確かな査定力と銀座という街のブランドを汚さぬ信頼と実績でお答えしています。
遠方の方にはメールや郵送でも評価査定のご相談をお受けしております。

画廊は敷居が高くて入りにくい 初めて画廊に入った方はよくそうおっしゃいます。
ましてや金額の交渉ともなるとなかなか言い難い場面もおありかと思います。
詰めの交渉はさておいても、大体の価格は無料で確かめることが可能ですのでまずはご相談下さい。

せっかくの名品でも、カビやシミ、剥落やワレはマイナス評価の一因となります。
日頃の飾り方や保管方法を工夫することが高価買取の秘訣なのは言うまでもありません。
しかし万が一カビの発生や紙が破れても修復することは可能ですのでご相談下さい

鑑定団テレビの影響もあり、作品の値段=鑑定と誤解されている方も多いのですが、価格を決めるのが査定、
真贋を見極めるのを鑑定と言います。
鑑定は東京美術倶楽部他、公的に認められた機関で行いますが、費用も3~8万円かかり、
決してバカになりません。
費用をかけて鑑定に出しても買取の査定が数万円しかならない事例もありました。
鑑定を取得してから売った方が良いのか?
迷ったときはご相談下さい。

ネット社会では調べる方法もたくさんあり、同業他社への見積もりも簡単にとることができます。
画廊業界はネットワークも狭いので、同じ作品の評価依頼が他の店から回ってくることもよくあります。
信頼の置ける店を見つけたら、あまり多くの店を回らず、じっくり交渉することが大切です。
【お客様と表玄とのお互いの信頼関係のもとで誠実なお取引】をモットーとしています。

例えば『横山大観の作品に、こんな安価な額/軸がつくわけがない』これも真贋鑑定には重要です。
当事からその名をはせた作家たちは、やはり一流の紙(絹)やキャンバス、高価な絵の具、
老舗店の表具や額、ケースの素材(桐やタトウ)、箱書きの墨の艶・色、など作品を取り巻くすべてが一流です。
このバランスが崩れた作品は、どことなく違和感があるもんです。

額装店のラベルや有名百貨店のロゴのついた額
表具店や有名百貨店のロゴの包装紙
共箱(ともばこ)や共シール(ともしーる)で作家自身の署名・印
軸の先が象牙素材であること
■当社では以下のものは取り扱いできません
盗品・事件性のあるもの・コピー品・複製品・模造品・偽物と判明しているもの・所有者が明確でないもの
その他、弊社コンプライイアンスに反する取引
ページトップ